【日本最安値】価格で挑戦している長崎の企業MINAMIHARA LED!国内最大規模のラボ完備!

【日本最安値】価格で挑戦している長崎の企業MINAMIHARA LED!国内最大規模のラボ完備!

LEDビジョンは、ランニングコストが非常に安いメリットがありますが、初期の導入費用が高く「価格」で諦めてしまう方もおられるのが課題となっています。

そんなLEDビジョンの世界に「日本最安値に価格で挑戦している長崎の企業」があります。

今回は、長崎の企業MINAMIHARA LEDについて紹介したいと思います。

最安値の秘密

MINAMIHARA LEDは、長崎を中心として全国展開を行うLEDビジョンの会社で、LEDビジョンの製造を中国の工場に直接依頼することで低価格を実現しているそうです。

普通、LEDビジョンを販売するためには、

工場⇨商社⇨LED販売会社 と言う流れになります。

地方では、さらに「他県LED販売会社⇨LED販売会社」へと転売されていることもあり、非常に高額取引となっています。

当たり前の話ですが3〜4社の利益が発生するため、その分価格が値上がりしてしまいます。

値上がりした分をコストダウンするために品質を落としたりして、調整を行う企業もあります。

コストダウンをするには、工場と直接取引が必要になりますが、LEDビジョンはもともと高額な商品です。

ですので、企業としての信頼がないと直接取引は出来ないです。

製造指示ができるから自社で品質管理

MINAMIHARA LEDは、提携工場へ直接、製造指示を行なっているため製品のブランドを指定し、製品の品質管理をおこなっているそうです。

他社の場合、カタログの中から選ぶか、工場が作ったものを販売するだけなので、製品の仕様変更などが行われることがあります。

その点、非常に信頼を持つことが出来ます。

また、LEDビジョンの保証期間は1年ほどの会社が多いですが、2年の補償とサポート体制が充実しているのも魅力です。

LEDビジョンのトラブルが起こった際には、36時間以内の復旧を目指すサポート体制が組まれているそうです。

このようなサポート体制は、長崎県内でも全国的にも内容なサポートとなっています。

国内最大規模のMINAMIHARA LED LAB(ショールーム)

海外で作られた製品は、特に電線配線トラブルが多いそうです。

LEDビジョンのトラブルの第一位は、配線の接点不良や断線と言われています。

LEDビジョンは、無数の電気配線を張り巡らせた製品ですので、トラブルがあると火災などの問題に繋がります。

中国の電線は、日本の製品規格と比べると非常に劣る部分があります。

MINAMIHARA LED LABでは、中国で開発した製品を長崎のラボへ搬入し、組み立てを行い、動作確認を行なっています。

また、中国の電線ではなく、日本の製品を使っているそうです。

そのような試験施設やデモ機が実際に見れる場所は限られています。

実際の設置風景

長崎県島原市と長崎市浜町アーケード内に実際に設置されているLEDビジョンがありました。

島原市の方は、約5mmピッチほどの6.7m×3.8mの大型LEDモニターです。

実際の取り付け風景や広告映像などが流れています。

屋外の場合、6mmピッチなどの感覚が広いものを使うことが多いですが、5mmピッチだと高画質に見えて映像が鮮やかです。

視認距離は、約5.6mほどなので屋外であれば全く問題なく、お祭りやイベントの時には非常に役に立ちそうなLEDビジョンです。

屋外で5mmピッチが使えると言うことは、価格がそれだけ抑えられるからなんだと思います。

長崎V・ファーレンのサポートカンパニー

創業44年になるMINAMIHARA LEDは、長崎V・ファーレンのサポートカンパニーを行なっており、長崎のプロサッカーチームのサポートを行っています。

それだけ信頼があり、地域貢献を行なっている企業のようです。

https://www.v-varen.com/sponsorlist/

また現在は、全国への販売を行なっているとのこと。

相見積もりを取った場合、相手の企業よりも安く見積もりを出すような挑戦も行っているそうです。

もし、コストダウンや最安値でLEDビジョンを導入したい方がおられましたら、依頼してみるといいと思います。

>LEDビジョンの情報提供

LEDビジョンの情報提供

このLED ビジョンの情報サイトは、
LEDビジョン導入コンサルタントが
大型LED販売会社で学んだ10年の知識と経験をもとに記載しています。
最新情報と正しい知識をお届けするためのサイトです。

CTR IMG