【2021年6月最新】LEDビジョン最安値地区の長崎の参考価格を比較!実例紹介!

【2021年6月最新】LEDビジョン最安値地区の長崎の参考価格を比較してみた!実例紹介!

LEDビジョンは、デジタルサイネージ市場で注目されている商品ですが、ネックとなるのが初期費用のコストの高さにあります。

先日、日本のLEDビジョン会社を調べて分かったのが、地方になると価格が落ちる点です。

【2021年2月最新】LEDビジョンの参考価格を比較して分かった!5社の最安値は長崎の会社

初期費用のコストが落ちると

・投資資金の回収が容易になる
・導入しやすくなる
・LEDビジョンのグレードが上げれる

などのメリットが生まれます。

長崎は、貿易の街と言われていた歴史があるので、もしかすると地理的要因があるのかもしれません。

そこで今回は、LEDビジョン日本最安値地区の長崎エリアの秘密と参考価格を調べてみました。

追記:2021年3月19日に長崎の方に出張でLEDビジョンの調査に行って参りましたので

その時に撮影した長崎市内のLEDビジョンの実例を少し紹介したいと思います。

長崎は地理的に有利だった!

商品の販売単価が上がる理由は2つあります。

・商品の原価が高い
・商品の販売管理費が高い

以上の2つです。

LEDビジョンの原価が高い

LEDビジョンは基本的に中国の工場で作られている為、原価はどこの会社もほぼ同じです。ただ、原価を落とすために、質の低い製品規格の部品を使っている会社も存在します。
また、LEDビジョンを販売するためには、

工場⇨商社⇨LED販売会社 と言う流れになります。

地方では、さらに「他県LED販売会社⇨LED販売会社」へと転売されていることもあり、非常に高額取引となっています。

可能な限り原価に近い価格で購入するためには、工場と直接提携している会社に設置してもらうことが必須になります。

LEDビジョンの販売管理費

LEDビジョンを販売するには、中国などの海外の工場から郵船で送ってもらい保管する必要があります。
そのため、中国からの送料やLEDビジョンを保管しておく倉庫、人件費などを考えると地方の方が優位性があります。

特に、長崎は中国からの距離も近く、都心に比べると土地の維持費も安いです。

また、人件費も安く済む為、LEDビジョンの販売管理費が抑えられます。

長崎は大規模な製品なら地理的に有利

長崎は、貿易の街という歴史があり、特に造船の街として有名です。造船業で大きくなった三菱は、地理的要因を生かした企業として知られています。
特に大型の商品を扱うのに適した街ということがわかります。

長崎のLEDビジョン会社を徹底比較

地理的にもコストが抑えやすい長崎。
長崎エリアでLEDビジョンを販売している会社を徹底比較してみました。

MINAMIHARA LED

MINAMIHARA LEDは、長崎を中心として全国展開を行うLEDビジョンの会社です。
LEDビジョンの製造を中国の工場に直接依頼することで低価格を実現しているそうです。

工場⇨商社⇨LED販売会社ではなく、工場⇨LED販売会社なので、コストがその分安くなります。

現在日本最安値のLEDビジョンの会社です。

【日本最安値】価格で挑戦している長崎の企業MINAMIHARA LED!国内最大規模のラボ完備!

製品の品質管理

MINAMIHARA LEDは、提携工場へ直接、製造指示を行なっています。
製品のブランドを指定し、製品の品質管理を徹底しているとのこと。また、国内最大規模のラボ(ショールーム)を完備しているので、実際に見て検討することができる様です。

また、中国の電線は日本の製品規格と比べると非常に劣る部分があるので、耐久テストや動作確認などを行い、とにかく徹底して製品の品質管理を行っている様です。

36時間以内の復旧サポート

LEDビジョンの保証期間は1年ほどの会社が多いですが、2年の補償とサポート体制が充実しているのも魅力です。
LEDビジョンのトラブルが起こった際には、36時間以内の復旧を目指すサポート体制が組まれているそうです。

ハマクロス411を施工

読売新聞掲載

MINAMIHARA LEDが取り付けたLEDビジョンを見る場合、ハマクロス411の方に行けば見れます。

https://led.minamihara.co.jp/nagasaki/nagasaki-hamacross411-central-led-vision/

追記:2021年3月19日に現場の調査に行ってきました。

本物のLEDビジョンを見てみると映像が鮮やかで高画質のビジョンを使用していました。

近くにお店を出している方の話では、

休日は出店が集まる場所で、目の前にマクドナルドもあるのでたくさんの人が観ていますよ!

というお話でした。

実際にこの日も出店がたくさん並んでいて、人通りが多かったです。

かなり近づいて写真を撮ってみましたが、LEDの質も高く角度をつけても視認する事ができました。

福岡市内のLEDビジョンと比べてみても質の高さではトップクラスだと思います。

LEDのピッチ数もかなり小さいようで、目視で距離感が確認できないほどでした。

長崎県一の大型LEDビジョンを施工

MINAMIHARA LEDは、島原市のサンシャイン中央アーケードの入り口横にLED大型ビジョンを取り付けられたそうで

その大きさは、長崎県一だそうです。

ローカルブロガーさんの記事で知りました。

https://mutsukonote.com/cozy-vision/

取付時の様子を見てみるとびっくりしますね。

長崎市内のLEDビジョンの2021年6月最新実例

長崎市内の時津町ニトリ前のLEDビジョン

長崎市から少し離れた場所に位置する時津町に大きなニトリがあります。
長崎バイパスの入り口あたりですが、片面だけLEDビジョンのサイネージを発見しました。

裏面は、車屋さんの看板広告が貼ってあり、表面だけ大型LEDビジョンとなっております。

屋外用のLEDビジョンで、ハマクロス411のLEDビジョンに似ているモデルです。

ハマクロス411のLEDビジョンと違うのは、解像度の高さが違うように見えました。

かなり大きく、車道や歩行者に向けた広告です。

浜の町アーケード近くの交差点のLEDビジョン

浜の町を歩いていると、桃太郎という豚まん屋さんの上にLEDビジョンを見つけました。

実物は大きいのですが、LEDビジョンと視聴者までの距離が遠くてあまり目立たないように見えてしまいます。

屋外用のLEDビジョンで、視認距離もあるので解像度は低めでした。

少し荒いかな?という印象です。また、交差点の交通量が多くて音が全く聞こえませんでした。

LEDビジョンの位置が高いこともあり、ターゲットである歩行者やドライバーが存在に気が付けるかな?

と言う点が気になります。

屋外でのビル側面へのLEDビジョンの設置は、メンテナンスがしやすい必要があります。

ここは、ビルの下が店舗になっているので、屋上からメンテナンスを行う工夫をされていました。

メンテナンスがしにくい位置だと後から大変になるので充分注意しましょう。

お向かい側のパチンコ店のLEDビジョン

お向かい側の上にもLEDビジョンを見つける事ができました。

こちらのLEDビジョンは古いモデルのもので、かなり荒い印象を受けました。

また、LEDのピッチ数が広く、視認角度が狭いため、下から見上げると

よく見えませんでした。

歩行者が多い場所からは見えにくかったので、ドライバー向けのサイネージなんだと思います。

文字の輪郭もボケてしまっていて、しっかりと確認する事ができませんでした。

遠くから見れば確認できますが、非常に勿体無いです。

メンテナンスも必要で、資格で抜けてしまってる部分は故障箇所になります。

必要な場合は、LEDパネルを取り替えることで修理完了なのでメンテナンスが楽です。

液晶だと、全部取り替えになります・・・・

また、余談ですがドライバー向けの広告の場合、電話番号等を表示しても運転中に覚える事ができないので

無意味になります。

ターゲットに合わせた広告運用を提案してあげる必要があります。

カモメ広場のLEDビジョン

建て替え工事が進んでいる長崎駅前のカモメ広場にもLEDビジョンがありました。

MITUBISHI製の様でしたが、古いモデルのLEDビジョンで一昔前のものと言う感じです。

屋根がかかっていますが、屋外使用のものでした。

長崎に来た方や、帰る方の玄関口になる場所なので、もう少し高画質なものになると嬉しいですね。

建て替え工事をしたら新しくなるのでしょうか?

長崎は、自然が豊かでPR動画などは素晴らしいと評判があります。

そのようなコンテンツを配信するビジョンは非常に重要になると思います。

視察まとめ

時間の都合で長崎市内のLEDビジョンを視察してきましたが、最新のモデルを使用した場所は

ハマクロス411でした。

LEDビジョンの実例やどんな感じなのか気になる方は、長崎市内のハマクロスまで足を運ばれると

良くわかると思います。

浜の町周辺には、3つほどLEDビジョンがありますのでオススメです。

長崎で1番大きいと言われている島原のLEDビジョンは、場所がかなり離れていると言うことで

今回は行く事ができませんでした。

現場の方から聞いた話では、最近はパチンコ店などにもLEDビジョンが増えてきているそうで

これから少しずつ増えていくのではないかと期待されていました。

必ず相見積もりを!

LEDビジョンを検討する場合、必ず相見積もりをすることをおすすめします。
保証やサポートの比較、価格やスペック等を比べなければ分からないことがたくさんあります。
必要ないオーバースペックのものを取り付けることもありますので、最低限の知識を持っておくことが重要です。

>LEDビジョンの情報提供

LEDビジョンの情報提供

このLED ビジョンの情報サイトは、
LEDビジョン導入コンサルタントが
大型LED販売会社で学んだ10年の知識と経験をもとに記載しています。
最新情報と正しい知識をお届けするためのサイトです。

CTR IMG