【2021年5月最新】福岡のLEDビジョン販売会社を徹底比較!コスパが高いのはどこ?

【2021年5月最新】福岡のLEDビジョン販売会社を徹底比較!コスパが高いのはどこ?

LEDビジョンは、ランニングコストは比較的安いものですが、初期費用が高くなる傾向があります。

企業がLEDビジョンを使って運用を進めていく上で、初期費用を抑えることは事業のプランニングにも影響を与えるものになります。

LEDビジョンの初期費用を抑えることは、非常に重要な項目になってきます。

そこで今回は、福岡のLEDビジョンの販売会社を徹底比較していきたいと思います。

詳しい解説は、動画で解説していますので是非ご覧下さい。

非常に重要な販売ルート!

LEDビジョンの初期費用を抑えたり、ランニングコストを安くするにはLEDビジョンの販売ルートが非常に重要です。

ルート1の場合、全てのコストが上がりやすい傾向があります。

LEDビジョンが届くまでに、複数の企業が入っているため、原価に対して販売管理費が多くかかってしまいます。

ルート2の場合、メーカーと直接契約を行うためコストがそれほどかかりません。

また、販売価格の設定ができているので、価格を提示することができます。

WEBサイトに価格が表示されていない会社は、価格が変動する傾向があります。

同じスペックのLEDビジョンを買ってもこんなに違う!

実際にお話を聞いたお客さんの話ですが、

同じLEDビジョンの見積もりを取ったところ、数百万円の差があったそうです。

調べてみると、販売ルートに大きな差がありました。

LEDビジョンの原価というのは、どこもほとんど同じです。

というのも、大きな工場が複数の企業に販売しているため、根本的には同じ商品です。

数百万円の差は、事業運営には大きなアドバンテージになります。

広告宣伝費などを下げることも可能になります。

設備投資した分の回収もそれだけ早くなるので、直接提携している企業から購入することを勧めています。

福岡のLEDビジョン販売会社を徹底比較

LEDビジョンの販売会社を比較する上で、評価した項目はこちらになります。

記事の最後に一覧にまとめたものを載せていますので、最後までご覧下さい。

ランキング第1位

C社 (MINAMIHARA LED)

こちらの会社さんは、長崎に本社がある会社ですが、西日本を中心としてLEDビジョンの事業を手がけています。

販売ルートは直接提携をしています。

メンテナンスの保証期間は業界最長の3年保証です。こちらの会社は、自社にLEDラボがあります。そのラボでLEDビジョンの配線の耐久チェックなどを徹底して行なっており、配線規格も日本の規格に適応させているほどの会社です。

基本的に、LEDビジョンは中国で製造されるため、日本の規格の配線を使う会社はほとんどありません。

メーカーの方に、配線で使う部品の指示を行なっており、品質の管理を徹底しています。

その自信から、LEDビジョンの3年保証を実現しています。

ランキング第2位

B社 (BREEZE VISION)

こちらの会社さんは、東京が本社の会社です。

販売ルートは仕入れて販売を行うルート1の立ち位置になります。

メンテナンスの保証期間は1年で、自然故障による保証のみとなっています。

福岡の結婚式場に1箇所設置を行なった実績があります。

ランキング第3位

A社さん(名前は非公開とします)

こちらの会社さんも東京に本社を置く会社です。

販売ルートは商社から仕入れている形になります。ですのでルート1の立ち位置です。

メンテナンスに関しては不明点が多く問い合わせる必要があります。

商品の型番を調べてみると、他社も同じ商品を扱っていることからオリジナルの製品ではないと思われます。

全国に80箇所以上の実績がある会社です。

福岡のLEDビジョン販売会社の比較

LEDビジョンを販売している会社を並べてみると、保証期間とトラブル時の対応からC社はメリットが多いです。

C社はLEDビジョンのメーカー保証ランキングにもランクインするほどの信用があります。

保証内容も詳しく解説していますので是非ご覧下さい。

>LEDビジョンの情報提供

LEDビジョンの情報提供

このLED ビジョンの情報サイトは、
LEDビジョン導入コンサルタントが
大型LED販売会社で学んだ10年の知識と経験をもとに記載しています。
最新情報と正しい知識をお届けするためのサイトです。

CTR IMG